未分類

社会人であれば未成年でもクレジットカードの作成は可能?その疑問をここで解決!

「未成年でもクレジットカードを作れるのだろうか。」

そんな疑問を抱かれたことはありませんか?

クレジットカードを持ちたいと望む未成年の方だったら、もしも年齢を気にせずに持つことができるクレジットカードがあればとても嬉しいですよね。

ここではそんな未成年とクレジットカードの関係性についてお伝えしていきます。

まだ20歳を超えていない未成年の方々は必見ですよ!

 未成年だったらクレジットカードを作成するのは難しい?

それではまず、未成年でもクレジットカードの作成が可能なのかどうかというところから見ていきましょう。

これからクレジットカードを作りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

高校生を除く18歳以上の未成年ならクレジットカードを作れる

未成年の方へまず先にお伝えしておきたいのが、高校生ではなく社会人だった場合、未成年であっても18歳以上からクレジットカードを作成できるということです。

そのため17歳以下の方であれば残念ながらカードを作ることはできませんが、18歳以上になるとクレジットカードを作れるようになりますよ。

まれに15歳以上から持てるクレジットカード(デビットカードやプリペイドカードなど)もありますが、だいたいのクレジットカードは審査基準が18歳以上からと定められています。

また、18歳以上だからといって簡単にカードを作成できるわけではありません。

クレジットカードを作るとなると親権者の同意を求められてしまうので気を付ける必要がありますよ。

 若者を歓迎してくれるカード会社は意外と多い

「クレジットカードは未成年だと審査を通りづらいのではないか?」

と思われる方も多いかもしれません。

しかし若者を歓迎してくれるカード会社というのは意外に多く、比較的審査を通過しやすくなっています。

なぜなら若いとクレジットカードを一度も持った経験がなかったり、カード会社で共有している信用情報のクレヒスに問題がなかったりするので信頼を得やすくなるからです。

また、それだけでなく若者が歓迎される理由には、若いうちからカードを持ってもらえれば後で解約されてしまうリスクが低下するという考えもあるようですよ。

こうした理由から、若者はクレジットカードの審査を通過しやすいと言われているのでしょう。

 未成年でも社会人であれば作ることができるクレジットカード3選

ではここで、未成年でも社会人であれば作ることができるクレジットカードをいくつかご紹介していきます。

未成年のうちにクレジットカードを作るなら、次のようなカードがおすすめですよ。

 三井住友VISAデビュープラスカード

年会費 無料
2年目以降1,250(税抜)

※年内に一度以上利用すると翌年も無料になる

入会資格 18歳~25歳以下の方(高校生不可)
ポイント還元率 1.0%2.5%
ポイント有効期限 2年間
付帯保険 ショッピング保険

三井住友VISAデビュープラスカードは、所持できる年齢が25歳以下に限定されているクレジットカードです。

また、このカードの良い点がクレヒスを積んでいくと、後々三井住友VISAプライムゴールドカードなどのステータスが高いカードを持てるというところです。

銀行系のカードはクレジットカードの中でも特に審査が厳しいと言われていますが、未成年からずっと三井住友VISAデビュープラスカードを持っていれば、自動的にランクアップすることができますよ。

将来的にはステータスの高いカードを持ちたいと望んでいる方は、ぜひ三井住友VISAデビュープラスカードを選んでみてくださいね。

 楽天カード

年会費 永年無料
入会資格 満18歳以上の方(高校生不可)
ポイント還元率 1.0%~3.0%
ポイント有効期限 1年間
付帯保険 海外旅行傷害保険(利用付帯)

カード紛失・盗難保険

楽天カードは年会費無料なのに海外旅行傷害保険が付いている優れたクレジットカードです。

そんな楽天カードは楽天市場で利用すると、通常のポイントにプラスされたポイントをゲットすることができますよ。

そのため海外旅行へ行く機会が多い方や、楽天市場を頻繁に利用する未成年の方へおすすめしたい1枚となっています。

 ライフカード

年会費 無料
入会資格 18歳以上で電話連絡が可能な方

(高校生不可)

ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 5年間
付帯保険

ライフカードは誕生月になると大活躍します。

誕生月では、カードを利用するだけで通常の5倍にあたるポイントを付与してもらうことができますよ。

なので「自分の誕生月はパーッと過ごしたい!」という方であれば、買い物でポイントを多くもらうことができるのでおすすめです。

また、ライフカードを持っていると誕生月以外でもポイントをたくさん貯めることができます。

入会後1年間はカードを利用することで、通常の1.5倍にアップしたポイントをゲットすることが可能ですよ。

このように、ポイントを貯めることに特化したライフカードは未成年の方であっても生活を楽しいものに変えていってくれることでしょう。

 クレジットカードの審査が通りやすくなる2つのポイント

冒頭では若者がクレジットカードの審査に通りやすいとお伝えしましたが、必ずしも審査を通過できるとは限りません。

例え若者や未成年であっても、カードの審査に落ちてしまう場合だってあります。

では、そんなカードの審査を通りやすくする方法はないのでしょうか?

ここからはクレジットカードの審査を通りやすくする2つのポイントをご説明していきますね。

 短期間の間に続けてカードを申し込まない

「未成年だからクレジットカードの審査を通過するのは難しいのではないか。」

そう思い、はじめからいくつものクレジットカードに申し込んでしまうと逆に審査に落ちやすくなってしまいます。

なぜなら短期間のうちに複数のカードを申し込むと、それぞれのカードで多額を利用して支払いができない状況に陥ってしまうのではないかとカード会社から警戒されてしまうからです。

ですからなるべく複数のカードへ申し込むのは避け、自分が良いと思うクレジットカードをある程度絞ってから申し込みをするようにしましょう。

 誤字や脱字などはNG!正しい情報を書き込む

クレジットカードを申し込む時は、誤字や脱字にも注意しなければいけません。

それは万が一クレジットカードの申込情報に誤字や脱字などの間違いがあった場合、カード会社からの信頼を大きく損ねてしまうからです。

例えわざとではなくても、カード会社からは誤った情報をあえて申込用紙に書き込んだと思われてしまう可能性もあるので注意する必要がありますよ。

 まとめ

未成年であっても、高校生を除く18歳以上の方であればクレジットカードを持つことができるということが分かりましたね。

クレジットカードを早いうちから持つとクレヒスを積んでいくことができ、将来的にはステータスの高いカードを持ちやすくすることができますよ。

また、1枚持っているだけでもすごく役立つ便利なカードなので、ぜひクレジットカードの申し込みにチャレンジしてみてくださいね。

クレジットカードを持ち、カードと一緒に立派な大人へと前進していきましょう。